マンションを売却したら固定資産税はどうなる?精算方法や注意点を解説

2022-10-18

マンションを売却したら固定資産税はどうなる?精算方法や注意点を解説

不動産を所有していると、固定資産税を納める必要があります。
しかし年度の途中でマンションを売却した場合、どう支払えば良いのでしょうか。
ここでは、市川・船橋エリアにお住まいの方に向けて、マンション売却における固定資産税の精算についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

マンションを売却したらどうする?固定資産税の精算方法とは

マンション売却には、固定資産税と都市計画税の精算が必要です。
固定資産税と都市計画税の精算方法は以下のとおりです。

  • 固定資産評価額×1.4%
  • 都市計画税×0.3%

固定資産税は、1月1日時点の所有者に対し納税義務が発生します。
納付書は毎年5月頃に1年分まとめて送付されます。
たとえば、2月にマンションを売却した場合、納付義務は売主にあるのです。
しかし、売却したマンションの固定資産税を支払うのは不合理です。
そのため、日割り計算によって双方が負担するケースが多くなっています。
固定資産分担金は「固定資産税の金額×所有日数/365」で精算されます。
起算日は、関東地方は1月1日、関西地方は4月1日と、地域によって異なるため注意しましょう。
起算日は法律で決められたものではなく、双方合意のもと成り立っています。
起算日によって負担額が変わるため、しっかり話し合いをしておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンションを売却したらいつ固定資産税を支払う?最適な時期とは

マンションを売却した場合、固定資産税を納税する時期はいつなのでしょうか。
精算時期は2つ考えられます。

  • 納税通知書の送付を待って支払う
  • 昨年度の固定資産税を参考に支払う

固定資産税の納税通知書は、毎年5月頃に送付されます。
マンションを売却した時期が2月だとすると、固定資産税の納税通知書が手元に届いていません。
このような場合、固定資産税の納税通知書の送付を待って後日精算するか、昨年度の固定資産税の金額を参考にして売却時に精算するか選択することが可能です。
マンションの売却が決まったら、固定資産税をいつ精算したら良いか話し合っておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却時に固定資産税を支払う際の注意点

マンション売却時に固定資産税を支払う際には、いくつかの注意点があります。
固定資産税の納税に関して、法的な規則はありません。
本来、1月1日時点で不動産を所有している「所有者」に納税義務があるため、注意点として覚えておきましょう。
また、マンションを売却した際、買主に固定資産税の費用を支払ってもらう場合、税金ではなく売買代金の一部である譲渡所得として扱われます。
固定資産税分を抜いたマンションの売却益のみの譲渡所得税を支払うと、脱税を疑われる可能性があるため、注意しましょう。
以上が固定資産税を支払う際の注意点です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

マンション売却時における固定資産税の精算についてご紹介しました。
マンションを売却しても、固定資産税の納税義務が発生します。
どちらがどの程度固定資産税を負担するのか双方で話し合い、トラブルなく売却を行いましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ