不動産相続後に売却するときの相談窓口はどこ?費用についても解説

2022-10-11

不動産相続後に売却するときの相談窓口はどこ?費用についても解説

不動産を相続して売却したいけど、初めての経験で知識も無く、どこに相談したら良いかわからないといった悩みを抱えるている方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回は不動産相続時および売却時の相談窓口や費用について解説していきます。
今現在不動産相続や売却をする予定のない方も、いざそのような状況に陥った際に適切に対処できるよう準備をしておきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を相続するときどこに相談すべきか

実際に不動産を相続することになった際は、どこに相談するのが良いのでしょうか。
これはそのときに抱えている悩みやトラブルの内容によって異なりますが、まずは不動産会社に相談をしてみましょう。
理由は、不動産を相続してから売却するまで総括的にサポートしていただけるからです。
特段大きな問題がなければ、不動産会社からのサポートのみで売却まで手続きを進めることが可能です。
ただし、不動産相続から売却にいたるまでの間で、特定の分野で悩み事がある場合は、専門家へ相談する必要があります。
たとえば、税金に関する問題です。
不動産を相続したり売却するときに税金の支払い義務が発生するため、確定申告にも影響を及ぼします。
この場合は税理士に相談しましょう。
資格を持っていない方からのアドバイスは、後々責任問題へ発展する危険性があります。
必ず、専門資格を持った方からアドバイスを受けるようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産相続時の相談費用について

士業の相談にかかる費用は、各事務所で自由に設定することができます。
したがって、相談費用はさまざまです。
税理士や弁護士などの事務所の場合は、相談だけであっても費用が発生することが多くなります。
相談する前に事務所に直接確認する必要がありますが、税理士であれば1時間5千円、弁護士は1時間1万円程度が相場です。
ただし、あくまで相談のみをおこなった場合の金額ですので、実際に業務を依頼する場合はさらに費用がかかるため注意が必要です。
しかし、なかには無料相談を受け付けている不動産会社や団体もありますので、まずはそこで相談してみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するときの相談からの流れ

ここでは、実際に相続が完了し、不動産を売却することになったときの流れを解説します。
まずは所有物件の販売活動を手伝ってもらう不動産会社の選定です。
売却の成功を左右する大事なポイントになるので、慎重に選びましょう。
次に、不動産の査定をおこなって売り出し価格を決定します。
多くの場合、周辺相場を参考にして金額を割り出します。
購入希望者が現れたら、条件交渉をして契約内容の合意を目指します。
合意できれば売買契約を締結、不動産を引き渡して売却完了となります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産の相続および売却は、さまざまな法律が関与し、各手続きも煩雑になります。
トラブルに巻き込まれないためにも、まずは無料相談を活用して情報を集めましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ