ライフステージが変化したときの不動産売却の方法とは?出産など事例をご紹介

2022-09-27

ライフステージが変化したときの不動産売却の方法とは?出産など事例をご紹介

ライフステージが変化した際に、不動産売却をする方は多くいらっしゃいます。
実際に売却するときには、どのようにして売るのか知りたいですよね。
そこで、今回はライフステージが変化した際の売却のコツについて事例ごとにご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージが変化したときの不動産売却~出産編~

出産は子育てのスペースが必要になるため、不動産を買い替えるきっかけになります。
不動産売却をすることで、将来の資金計画が立てやすくなります。
また、売却資金を元手に新しい家の購入が可能です。
できるだけ早く売却をしたい方は、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

相場より安い金額で売却する

早く売却したい場合は、相場より安く売却するのがおすすめです。
買い手がつきやすいため、引っ越しなどの予定がスムーズに進みます。

買い取ってもらう

どうしても予定通りに売却したい場合には、不動産会社による買取もおすすめです。
買取は確実に売却できるため、見通しが立ちやすくなります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージが変化したときの不動産売却~子どもの独立編~

子どもが独立した場合は、老後の暮らしを考慮した家に引っ越すことを検討してみましょう。
利便性の高い都市部に引っ越すことで、万が一のときに医療機関などへアクセスしやすくなります。
子どもが独立している場合は、以下のポイントを売却の際に押さえておきましょう。

リフォームはしなくても良い

売却の際には、リフォームは必要ありません。
築年数が経過している場合は水回りなど、部分的にリフォームする方法もあります。
しかし、リフォームすると出費がかさむため、しない方が無難でしょう。

子どもとよく話しておく

子どもが独立した場合は、子どもとよく話しておくことも大切です。
子どもは盆や正月などに定期的に帰省するので、どのような家に住むのかを子どもにも話しておくと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージが変化したときの不動産売却~親が亡くなる編~

親が亡くなった際の不動産は、早めに売却しておくと良いでしょう。
放置しておくと空き家になってしまい、維持管理が大変です。
売却する際には、以下のポイントに気を付けましょう。

相続登記をする

不動産売却は、親名義のままではできません。
そのため、親が亡くなった際に相続登記を進めておきましょう。

特例や控除を活用する

不動産売却をする際には、多くの税金が発生します。
その際に、特例や控除を有効活用しましょう。
3,000万円の特例控除など、使える控除や特例を確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

ライフステージの変化は、不動産売却のタイミングでもあります。
分からない点や困ってしまったことは、弊社にお気軽にご相談ください。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ