不動産売却が長引く原因とは?対処法もあわせてご紹介!

2022-09-13

不動産売却が長引く原因は?対処法もあわせてご紹介!

不動産売却は、必ずしもスムーズに進むとは限りません。
しかし、早めに売りたいと考える方は多いでしょう。
そこで不動産売却の期間や長引く原因と対処法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が完了するまでの期間は?どれくらいかかるもの?

不動産売却は、売り出したからといってすぐに売れるとは限りません。
場合によっては、なかなか買い手がつかないことも珍しくないでしょう。
査定後に媒介契約を締結し売却活動をおこない、売買契約の締結、決済引き渡しというのが不動産売却の流れです。
目安としては、売り出しから引き渡しまで3~6か月ほどの期間がかかるといわれています。
期間が長引くとあらぬ憶測により、ますます売れづらくなってしまうことも多いので何かしらの対策をおこないましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因とは?

不動産売却が長引くのには、何かしらの原因があることがほとんどです。
その原因を知らないままだと、対策しようがありません。
原因としてもっとも多いのが、価格です。
相場より高い場合はなかなか買い手が現れにくいので、長引く原因となりやすいでしょう。
また、築年数や立地、設備などの条件面が原因で不動産売却が長引いていることも少なくありません。
どのような状態か、不動産売却の前に物件の情報を正確に把握しておいてください。
その他の原因としては、売却を開始する時期が関係していることもあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く場合の対処法は?

不動産売却が長引いている場合は、何かしらの対処をしなければなりません。
そのまま期間だけが過ぎてしまうと、何か良くない物件なのではないかと勘繰られてしまい購入希望者がますます現れなくなってしまうことも考えられます。
たとえば価格が原因で不動産売却が長引く場合は、販売価格を見直すことで改善されることが多いでしょう。
適正価格に設定することはもちろん、相場からの値下げも検討してみてください。
一度、長引くことでの損失と比較してみると良いでしょう。
また内覧の申し込みはあるものの、なかなか成約に繋がらないという場合は物件の印象が良くないのかもしれません。
整理整頓や掃除などを徹底的におこない、物件にマイナスイメージがつかないようにすることが、長引かせないための対処法です。
売り出しの時期や条件面などが原因で改善が難しい場合は、専門の業者に買取を依頼することを検討するのも対処法の1つです。
価格は相場より安くなってしまいますが、売却活動の必要がないためより短い期間で不動産売却が完了しますよ。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却は一般的に3~6か月ほどの期間で完了するといわれていますが、個別性が大きく、長引くことも珍しくありません。
そのまま放置すればますます売却しづらくなることが考えられますので、原因を突き止め対策をおこないましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ