不動産売却でオーバーローンの場合はどうする?基礎知識や対応方法をご紹介

2022-09-06

不動産売却でオーバーローンの場合はどうする?基礎知識や対応方法をご紹介

不動産の売却をおこなうとき、アンダーローンであればスムーズに売却できますが、オーバーローンだった場合は一般的な方法での売却は難しくなります。
ここでは市川・船橋エリアで不動産の売却をご検討中の方に向けて、オーバーローンとはなにか、その調べ方と対応方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンとは

オーバーローンとは、不動産の売却価格より住宅ローンの残債が多い状態のことを意味します。
わかりやすく例を挙げると、残っている住宅ローンが2,500万円で、売却しても2,000万円にしかならないような状態です。
また、反対に不動産の売却価格のほうが高い状態のことをアンダーローンと呼びます。
アンダーローンであれば、売却したお金で返済できるので問題はありません。
しかしオーバーローンの場合は不動産を売却しても完済できないため、貯金などの自己資金で返済できないときは一般的な方法で売却できません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でオーバーローンかどうかの調べ方

オーバーローンかどうかは、以下のものを調べると知ることができます。

  • 住宅ローンの残債
  • 家の価値(売却価格)

住宅ローンの残債は、借り入れをしている金融機関から送られてくるローン返済計画書や残高証明書から調べることができます。
金融機関によってはインターネットで確認できる場合もあります。
また、周辺で同じような条件の不動産がどのくらいの価格で売り出されているのか、またこれまでの成約事例を調べると家の価値を知ることが可能です。
さらに不動産会社に査定を依頼すると、より正確に知ることができます。
以上の2つを差し引くとオーバーローンかどうかがわかります。
家の価値(売却価格)-住宅ローンの残債
マイナスの場合はオーバーローンとなります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でオーバーローンだった場合の対応方法

オーバーローンの場合には、下記のような方法で対応します。

  • 住み続ける
  • 残債が減るまで売却を延期
  • 貯金を使ったり親族に借りたりなどの方法で現金を準備する
  • 買い換えローンを利用して売却
  • 任意売却する

売却せずに住み続けてローンを払い続ける方法や、売却を延期したり現金を準備するなどの返済に向けて取り組む方法があります。
買い換えローンとは不動産を買い換えるとき前の不動産の残債を新しく購入する際の住宅ローンに足して借りる方法で、オーバーローンでも利用が可能です。
また返済が困難など、すぐに売りたい場合は任意売却で対応できます。
任意売却を利用するとオーバーローンでも売却できますが、売却で得たお金は返済に充て、残債は引き続き返済します。
しかし残債を大幅に減らすことができるうえ、場合によっては引っ越し資金などを残すことも可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産の売却をおこなうとき、まずご紹介した調べ方でオーバーローンかどうかを知っておきましょう。
もし、オーバーローンだった場合でも買い換えローンの利用や任意売却などの方法によって対応することができます。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ