不動産売却におけるチラシの効果とは?規制などの注意点についても解説!

2022-08-30

不動産売却におけるチラシの効果とは?規制などの注意点についても解説!

不動産売却を早く成立させるための工夫にチラシの配布がありますが、果たしてチラシにはどのような効果があるのでしょうか。
この記事では、不動産売却におけるチラシの効果や注意点について解説しております。
市川市や船橋市周辺で不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるチラシの効果とは?

不動産売却におけるチラシといえば、ポスティングチラシをイメージされるのではないでしょうか。
ポスティングチラシとは、いわゆる各住戸のポストにチラシを投函するアナログな方法です。
ポスティングチラシは周知できる範囲が限定的であるというデメリットがありますが、一方で良客を見つけるには効果的な方法です。
チラシを見てご連絡いただける方は周辺環境を気に入り、相場感をよく知っている方が多いというメリットがあり、値引き交渉などがなく不動産売却できる可能性が高いです。
希望の価格で不動産売却をしたいという方にとって、チラシは効果的な方法と言えます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で効果的なチラシのアピール内容とは?

チラシでアピールする内容によって不動産売却の成立ができるかどうか決まります。
チラシは基本的に不動産会社に作成してもらいますので、よく相談しアピールする内容を決めましょう。
不動産売却で効果的なチラシのアピール内容として、瑕疵担保保険やインスペクションが挙げられます。
瑕疵担保保険とは売却後に見えない瑕疵が発見された場合、補修費用が下りる保険のことであり、買主にとって瑕疵担保保険が付されていると安心して購入できます。
インスペクションとは、建物の専門家に構造上主要な部分や雨漏りがないか建物を全体的に調査してもらうことであり、信頼性の高いアピール材料です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のチラシには規制がある?

不動産売却のチラシは、アピールする内容を自由に記載できるわけではなく、規制がありますので注意しましょう。
チラシの規制として注意すべき点は、誇大広告の禁止と広告開始時期の2点です。
誇大広告の禁止とは、不動産売却をする物件の情報は正確である必要があり、過度に良く見せようと事実に反する内容をチラシに記載するのは禁止されています。
事実をきちんと伝えることが重要であり、誇張した表現を使わないように注意しましょう。
広告開始時期とは、広告を開始する時期は工事に必要な開発や建築の許可を受けたあとでないといけません。
基本的には新築の不動産売却の際に適用され、既存の不動産売却ではあまり気にしなくても良い内容です。
またチラシには特定事項といって記載しなければいけない事項が決まっているという規制もあります。
セットバックが必要な土地など売主にとって不利になる内容であっても、特定事項としてチラシに記載する必要がありますので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

インターネットが普及した現在でもチラシは効果的な不動産売却の手法です。
不動産会社と相談し、規制に注意しつつアピール内容を決めましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ