家の売却にかかる解体費用はどれくらい?使える補助金の制度について解説!

2022-08-23

家の売却にかかる解体費用はどれくらい?使える補助金の制度について解説!

古家や空き家の売却をお考えの方なら、解体費用について気になっている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、家の売却における解体費用の補助金について解説しています。
市川市、船橋市周辺で古家や空き家の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

家の売却で解体費用に使える補助金とは?

日本では人口減少に伴い空き家が増加しているため、国土交通省や各地方自治体が古家や空き家などの解体費用に対して補助金を出しています。
補助金とは、古家や空き家の売却などの取引を活性化するため税金によって解体費用を一部まかなう制度のことです。
家の解体に適用できる補助金の種類は以下のとおりです。

  • 老朽危険家屋解体撤去補助金
  • 都市景観形成地域老朽空き家解体事業補助金
  • 建て替え建設費補助金

これら以外にも各自治体が独自の取り組みを行なっていますので、家を解体して売却しようとお考えの方は各自治体のホームページを確認してみましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家の売却で解体費用に補助金が適用できる条件とは?

すべての解体費用に補助金が適用できるわけではなく、もちろん条件がありますので、家を解体して売却しようとお考えの方は確認しておきましょう。
家の解体費用に補助金が適用できる条件は以下のとおりです。

  • 空き家であること
  • 基準を超える不朽破損レベルであること
  • 旧耐震基準であること
  • 一定の所得を超えていないこと

以上が一般的な解体費用に補助金が適用できる条件です。
ただし、各自治体によって条件や申請方法は異なりますので各自治体に相談してみましょう。
また補助金には期限がありますので、家の売却で解体費用に補助金の利用をお考えの方は早めに手続きする必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家の売却で解体費用に補助金を利用する注意点とは?

解体費用に補助金をするなら注意点がありますので、ご紹介します。

注意点①審査がある

空き家の売却なら早く解体して売却したいとお考えの方も多いですが、解体費用に補助金を利用するには各自治体の審査が必要です。
審査には時間がかかりますので、家を売却するまでの時間が長引いてしまいます。

注意点②補助金は後から支払われる

基本的に補助金は後から支払われるため、全額自分で解体費用を支払う必要があります。
家の売却で解体費用に補助金を利用しようとお考えの方は、できる限り初期費用を抑えたいという方も多いと思いますので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

家の売却にかかる解体費用には補助金を適用できますが、もちろん適用条件や注意点があります。
知らない補助金制度も多くありますので不動産会社に相談し、トラブルなく家の売却をおこないましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ