マイホームの買い替えのタイミングが知りたい!住宅ローンはどうなる?

2022-07-26

マイホームの買い替えのタイミングが知りたい!住宅ローンはどうなる?

ライフスタイルの変化や仕事の都合などで、さまざまな理由からマイホームを手放して新たな住まいを購入する「買い替え」を選択する方も多くいるのではないでしょうか?
買い替えは、住まいを一度売却してから購入する手順を踏む必要があります。
ここでは、マイホームの買い替えを検討している方にむけて、買い替えに適したタイミングと住宅ローンの支払いについてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

マイホームの買い替えのタイミングとは?住宅ローンはどうなる?

マイホームの買い替えは売却と購入の両方の手続きが必要です。
買い替えの進め方には「購入先行型」と「売却先行型」があります。
購入先行型
先に物件を購入し住宅ローンを一括返済する、資金に余裕がある方向けの買い替えに適した買い替え方法です。
売却先行型
マイホームを売却した資金を新たに購入するマイホームの資金にあてる方法です。
買い替えをおこなう場合、売却先行型を選ぶことが一般的です。
売却先行型で、住宅ローンの支払いが残っているときに利用したいのが買い替えローンです。
買い替えローンは、今ある住宅ローンの残債額+新たな住宅ローンの融資額として利用することができる仕組みです。
どちらの進め方にしても、資金計画をきちんとたててから買い替えをおこなうことが大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マイホームの買い替えをおこなうメリットとは?

マイホームの買い替えには、次のようなメリットがあります。
ライフスタイルの変化に合わせた暮らしができる
子どもが独立した、介護が必要になったなど家族のライフスタイルは変化していきます。
家族のライフスタイルの変化とともに、住まいを合わせることができるのが買い替えの最大のメリットといえるでしょう。
住宅ローンの返済中でも新たに購入することができる
家は、抵当権の抹消をおこなってからでないと売却することができません。
しかし、買い替えローンを利用すれば、住宅ローンを返済中であっても今ある住宅ローンと合わせて新たにローンを組むことができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

年収からみるマイホームの買い替えタイミングとは?

マイホームの買い替えは、購入できる金額を知ることが大切です。
新たに購入できる家の金額は準備できる資金によって異なりますが、目安は「頭金+住宅ローン借入可能額」です。
住宅ローンの借入可能額が、年収から計算する方法と現在の住宅ローンの返済額から検討する方法があります。
住宅ローンの年間返済額の目安は、年収の25%以内が安心とされているので無理のない借入額で買い替えをおこないましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

住宅ローンの返済中であっても、買い替えローンを利用すればマイホームを一度売却して新たに購入する買い替えをおこなうことは可能です。
しかし、資金計画をたてずに買い替えをおこなってしまうと、ローンの支払いに不安を残すことにもなってしまいます。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ