住宅ローンの返済中に不動産売却をするとどうなる?費用や種類についてご紹介

2022-07-12

住宅ローンの返済中に不動産売却をするとどうなる?費用や種類についてご紹介

不動産を売却したいときに、住宅ローンが残っている場合があるかと思います。
住宅ローンが残っている場合でも、不動産売却は可能です。
そこで、今回は住宅ローンが残っている場合の売却方法のポイントについてご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

住宅ローン返済中に不動産売却をするには?

住宅ローンを組んでいる最中に、不動産売却をするには注意点があります。
順を追ってご紹介していきます。

住宅ローン残債の確認方法

まずは、ご自身の住宅ローンの状況を確認する必要があります。
確認する方法は以下のとおりです。

  • 住宅ローンの返済予定表
  • インターネットバンキング
  • 残高証明書

売却額と住宅ローンを比較することにより、住宅ローンが返済できるか決まるので売却前には必ず確認しましょう。

住宅ローンが残っている場合に売却するときの注意点は?

住宅ローンが残っているときには、いくつかの注意が必要です。
1つずつご紹介していきます。

売り先行で二重ローンを防ぐ

買い替えをする場合は、購入物件と売却物件で2つのローン返済が重なることがあります。
2重ローンが起きないように、売却を先におこなうことを売り先行と言います。
住みながら売却もできるため、安心しながら売却を進められるのが利点です。
お金の余裕ができるため、返済の計画も立てやすくなります。

住みながらの売却やリースバックを検討する

ローンが残っている場合は、売却方法を工夫することで返済計画の見通しが立ちます。
特に売却価格が低いと、オーバーローンになる可能性もあるため、なるべく高く売れるようにするといいでしょう。
住みながらの売却やリースバックなど、状況に合わせて選択するのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で住宅ローン以外にかかる費用の種類とは?

住宅ローンが残っている場合、売却でかかる費用を把握しておく必要があります。
主にかかる費用は以下の費用です。

  • 仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 土地境界確定測量

ご自身の不動産の状況によって、さらに費用がかかることがあります。
ここでは、多くの場合に払うことが多い手数料についてさらに解説します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で払う仲介手数料とは?

仲介手数料は、不動産の売買が成功した時に不動産会社に支払います。
仲介手数料は上限額を基準として、請求されます。
上限額は以下のとおりです。
売買価格  上限額

  • 200万以下 5%+消費税
  • 200万~400万以下 4%+2万円+消費税
  • 400万以上  3%+6万円+消費税

仲介手数料は半額の会社や無料の会社も存在します。
会社によって金額は違いますので、確認しておくようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却にかかる費用についてご紹介しました。
住宅ローンがあるときは、残債を確認しながら売却を進めていきましょう。
さまざまな方法を知っている不動産会社と協力して進めていくことも大切です。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ