相続させた家が空き家になったらどうなる?終活で考えておきたい課題を解説

2022-06-28

相続させた家が空き家になったらどうなる?終活で考えておきたい課題を解説

この記事のハイライト
●相続させた住宅が空き家になると、相続人には維持管理とコストの負担が発生する
●空き家にしないためには、売却して現金を相続させるのが現実的
●終活に際しては、不動産の処分を相談できる不動産会社を見つけておくと安心

高齢になり、そろそろ終活を進めたいと考えてはいないでしょうか。
終活においては、残される家族の負担をできるだけ減らすように配慮したいですよね。
とくに近年は相続した不動産が空き家になるケースが多く、社会問題化しているのも気になるところです。
今回は、終活に際し、相続させた住宅が空き家になった場合の管理方法や予測されるデメリットを解説します。
相続させた住宅を空き家にしないための対策もご紹介しますので、市川市や船橋市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

終活の課題①相続させた住宅が空き家になった場合の管理方法

終活の課題①相続させた住宅が空き家になった場合の管理方法

相続させた住宅に誰も住まないときには、空き家となってしまいます。
その場合、相続人はどのような管理をおこなう必要があるのかを確認しておきましょう。

相続させた住宅が空き家になった際の管理方法

相続させた住宅が空き家になったときには、相続人は以下のような管理が必要になります。
定期的な換気
相続させた住宅が空き家になったときには、定期的な換気をおこなう必要があります。
誰も住まなくなり閉め切られたれたままの住宅は、中の空気が動きません。
そうすると室内に常に湿気がたまった状態となり、住宅の劣化の進行が速くなります。
日本の住宅は木造がほとんどなので、湿気に弱いためです。
空き家の劣化を防ぐためには、定期的な換気が求められます。
定期的な通水
換気するのと同様に、定期的な通水も必要です。
水道を使わなくなって長くなると、水道管の中の水が動きません。
そうすると、水道管や水道管の継ぎ目に金属が使われている場合は、そこからさびてくる可能性があります。
また排水管には外部から害虫や害獣が侵入するのを防ぐために、水がたまったトラップと呼ばれる部分があります。
通水を怠ると、トラップ内の水が蒸発し、害虫や害獣が侵入してしまう恐れもあるでしょう。
定期的な清掃
空き家になった場合でも、住宅内外の定期的な清掃が必要です。
家の中にほこりがたまると湿気を吸い込み、そこから畳や床板などが腐食していく恐れがあります。
家の周りに関しても、雑草や雑木が生い茂ると、不法投棄の現場になるのでは、と近隣の住民に不安を与えてしまうかもしれません。
そのため空き家になっても放置せず、定期的に清掃する必要があるのです。

空き家を管理する2つの手段

空き家を管理する手段は、以下の2つが考えられます。
相続人たち自らが管理する
空き家の管理は、相続人たちが自らおこなうのが基本です。
複数の子が相続した場合には、輪番を組む、近くの子が担当してほかの子は費用を負担するなどが考えられます。
ただしすべての相続人が遠方に住んでいるケースでは、交通費や宿泊費などの負担が発生する点は留意しておきましょう。
管理会社に依頼する
空き家の管理は、管理会社に依頼することも可能です。
近くにある不動産会社で空き家の管理をしているところがあれば、安心して任せられるでしょう。
ただし管理会社に依頼するには、一定のコストがかかることは念頭においておく必要があります。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときは現状のままで売れる?売却時にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

終活の課題②相続させた住宅が空き家になった場合のデメリット

終活の課題②相続させた住宅が空き家になった場合のデメリット

相続させた住宅が空き家になった場合、相続人にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット①管理の手間と時間・コストがかかる

相続した住宅が空き家になってしまうと、相続人は管理するのに手間と時間、そしてコストをかけなければなりません。
仕事を抱えているなか、休日を費やして定期的に空き家に通い、通風や通水、清掃するのは大きな負担になるでしょう。
かといって管理会社に依頼すると、管理費の負担が発生するのがデメリットです。
相続人が自分たちで管理するにしても、管理会社に依頼するにしても、さまざまな負担を負わせることになるのです。

デメリット②空き家の維持費を負担する必要がある

人が住んでいなくても、不動産には毎年固定資産税がかかるため、相続人が負担しなければなりません。
さらに空き家の劣化を防ぐためには、定期的に外壁や屋根の塗装メンテナンスなどが必要です。
放置していると、台風などで劣化した屋根材や外壁材が飛散して、近隣の車や住宅に被害を及ぼすことにもなりかねません。
損害賠償を請求されてしまう可能性があるため、保険に加入しておく費用もかかります。
空き家を維持するためだけにコストがかかるのは、相続人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

デメリット③特定空き家に指定される恐れがある

空き家を放置していると、自治体から特定空き家に指定される可能性があるのもデメリットです。
特定空き家とは、地域に深刻な影響を与えると考えられる場合に、自治体が指定する空き家を指します。
特定空き家に指定されると、最終的には行政代執行により、強制的に取り壊される恐れがあります。
しかもそのときには、撤去費用は所有者である相続人に全額請求されてしまうのです。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときは現状のままで売れる?売却時にかかる費用も解説!

\お気軽にご相談ください!/

終活の課題③相続させる住宅を空き家にしないための3つの対策

終活の課題③相続させる住宅を空き家にしないための3つの対策

相続させる住宅が空き家になると、相続人にさまざまな負担を負わせることがわかりました。
相続させる住宅を空き家にしないためには、どのような対策があるのでしょうか。

対策①空き家になる前に解体する

相続させる住宅が空き家になるのを防ぐためには、住宅を解体して更地にすることを検討しましょう。
とくに相続させる段階で築年数が古く、リフォームしても借り手が見つからないと思われるようであれば、解体を視野に入れておくことをおすすめします。
解体してしまえば、管理の手間が発生しなくなるためです。
ただし住宅を解体して更地になると、住宅が建っている土地に適用されている固定資産税の減税制度の対象から外れてしまいます。
固定資産税の負担が重くなることは、相続人を含めてあらかじめ理解しておきましょう。

対策②リフォームして賃貸する

相続させる住宅の築年数が浅いなら、リフォームして賃貸すると有効活用できます。
賃貸することで十分な収入を得られるようなら、固定資産税や維持管理にかかる費用をまかなえるので、相続人の負担を軽減できるのがメリットです。
終活に際しては、物件のある地域の不動産会社で、賃貸物件の需要があるかをリサーチしておくと良いでしょう。

対策③売却して現金で相続させる

不動産を相続させても活用する見込みがないのであれば、売却して現金で相続させるのがもっとも現実的な方法です。
相続した不動産を売却するには、相続人全員の合意が必要になるので、終活に際して相続人それぞれの意思を確認することを検討しましょう。
なお、相続人が遠方に住んでいる場合、不動産会社探しに苦労する可能性があります。
売却がスムーズに進むよう、終活にあわせて信頼できる不動産会社を見つけておくと安心です。
多くの不動産会社では、終活に際しての不動産の処分に関する相談に応じているので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

この記事も読まれています|空き家を売りたいときは現状のままで売れる?売却時にかかる費用も解説!

まとめ

終活に際しては、相続させる不動産の処分を考えておくことが大切です。
とくに住宅が空き家になった場合には、相続人に多くの負担をかけることになるため対策を考えておきましょう。
信頼できる不動産会社に、終活や相続の相談をしておくと安心です。
丸和サンハウス株式会社でも、市川市や船橋市にある不動産の相続や売却のご相談に応じていますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ