気付かれずに不動産売却をしたい!必要な媒介契約と売却活動をご紹介

2022-06-21

気付かれずに不動産売却をしたい!必要な媒介契約と売却活動をご紹介

何らかの事情で、周囲に気付かれずに不動産売却をしたい方もおられるのではないでしょうか。
そこで、不動産売却をご検討中の方に売却に必要な「媒介契約」と、気付かれずに売却活動をする方法をご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をしたい!必要な媒介契約とは

不動産売却をおこなううえで、不動産売却の流れを理解しておくことが大切です。
そこで、まず必要なのが不動産会社と結ぶ「媒介契約」です。
媒介契約とは、個人の買主を見つけてもらう際に必要な契約で、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。
そこで、気付かれずに不動産売却するために、それぞれのメリットや特徴を解説していきます。

一般媒介契約

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約することができる契約で、物件の情報をレインズ(不動産流通機構)に登録する義務がないのが特徴です。
レインズとは不動産会社専用で利用されており、一般の方は直接閲覧できないものの、不動産会社へ相談した際に、物件情報が知られる可能性はあります。
そのため、レインズの登録義務がない一般媒介契約は、この点では気付かれずに不動産売却できると言えるでしょう。

専任媒介契約・専属専任媒介契約

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、依頼する不動産会社は1社のみで複数の不動産会社と締結することはできません。
この2つの締結方法は、レインズへの登録義務があります。
そのため、レインズによって第三者へ知られてしまうリスクはありますが、メリットも多いのが特徴です。
両者は売却活動の報告義務があるため、販売状況を確認しやすく早期に買主が見つかる場合が多いでしょう。
そのため、早期に売却できることで気付かれずに不動産売却することができるかもしれません。
このように、それぞれメリットはありますが気付かれずに不動産売却するためには、必ず事情を相談することが大切です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却するための売却活動

では、気付かれずに不動産売却をするには、どのように売却活動をしたら良いのか事前に確認しておきましょう。
通常不動産売却する際は、以下のような流れでおこないます。
「査定依頼」→「媒介契約」→「売却活動開始」→「買主と売買契約」→「決済・引き渡し」
不動産売却をする際には、インターネットによる広告活動や、近隣へのチラシ配布、内覧見学会などをおこないます。
しかし、気付かれずに不動産売却は広告活動はあまりできないため、不動産会社と相談して進めていく必要があります。
また、売却活動で重要となる内覧は、タイミングを工夫するなどの対処が必要になってくるでしょう。
引き渡しまでにかかる期間は通常ですと3~6か月程度ですが、気付かれずに不動産売却する際は広告活動を控えるため、さらに期間がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

気付かれずに不動産売却をする際の媒介契約と、売却活動についてご紹介してきました。
気付かれずに不動産売却をしたい際は、自分に合った契約方法を見つけスムーズな売却に繋げましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ