不動産売却にかかる費用はどれくらい?

2022-06-14

不動産売却にかかる費用はどれくらい?

不動産売却は人生で何度も経験するものではないため、分からないことが多いのも無理はありません。
大きな金額が動くからこそ、あらかじめ不安な点は取り除いておきたいものです。
とくに売却には、どれくらいの費用がかかるか気になっている方も多いでしょう。
そこで不動産売却にかかる費用について、種類や料金などをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる費用の種類は?

不動産売却にはさまざまな種類の費用がかかります。
そのためそれらの費用を頭に入れておかないと、売却後に手元に残るお金が少なく感じてしまうことになりかねません。
とくに売却金額が高いほどかかる費用も高額になりやすいため、注意しましょう。
売却では、売買契約締結時と決済時、売却後の3つのタイミングで費用が発生します。
まず、売買契約締結時には印紙税という税金を支払います。
金額は売却金額によって変わるため、詳しくは国税庁のホームページより確認してください。
次に、決済時は仲介手数料の支払いが発生します。
通常なら買主負担が一般的ですが、取り決めによっては登記費用も必要となることがあるので、注意しておきましょう。
また住宅ローンの残債がある不動産を売却する場合は、抵当権抹消費用が発生します。
売却後は、不動産により売却益が出た場合のみ譲渡所得税の支払いも発生します。
税金などの費用についての最新情報は国税庁のホームページをお確かめください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で必要となる費用!仲介手数料とは?

不動産売却で必要となる費用のなかでも高額になりやすいのが、仲介手数料です。
仲介手数料とは売買契約成立時に不動産会社へ支払う費用です。
成功報酬となっているため、仲介を依頼しただけでは支払いの必要はありません。
宅建業法により上限額が定められているため、規定以上の費用はかからないようになっています。
ただし、土地などの売却で売買価格に消費税のかからない取引であっても、仲介手数料については消費税が加算される点には注意しましょう。
仲介手数料の上限額は、以下の方法でそれぞれを計算し、合算して求めます。
200万円以下の部分
売買価格×5%+消費税
200万円を超えて400万円以下の部分
売買価格×4%+消費税
400万円を超える部分
売買価格×3%+消費税

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却では、印紙税や譲渡所得税などさまざまな種類の費用がかかります。
それぞれ支払う時期や金額が異なるため、あらかじめチェックしておきましょう。
仲介手数料は、売買契約成立時に支払う成功報酬です。
消費税は加算されますが、上限額が決められていますので確認しておいてください。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ