知っておきたい!相続した物件の不動産売却をする際の意外な注意点とは

2022-06-07

知っておきたい!相続した物件の不動産売却をする際の意外な注意点とは

相続した不動産を売却する際にいくつか注意点があることをご存じですか?
普通の不動産売却とは違い、相続をした不動産を売却するにはさまざまな手段があります。
今回は相続した不動産を売却する方法やその注意点、さらに不動産売却の契約の種類を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した物件を不動産売却する際の注意点とは

相続といっても相続人が何人いるかによって手続き方法が大きく異なります。

単独相続

1人ですべての財産を相続することを単独相続と言います。
相続人の方が元々1人しかいない場合や、他の相続人が相続を放棄した場合などが単独相続にあたります。

現物分割

現物分割は複数相続人がいても、不動産は長男が相続し、土地は次男が相続するというように、財産を現物で分けて相続する方法です。

換価分割

換価分割は不動産を複数の相続人で相続する際に有効な分割方法です。
複数相続人がいると、不動産をそのままの形で分割することは難しいです。
その場合は不動産を売却して現金にしてから分割をする方法が一般的です。
このことを換価分割と言います。
実際に分割をおこなう前に遺産分割協議を必ずおこなわなければなりません。
そこで話し合った内容を遺産分割協議書として書類作成をしておきましょう。
注意点として、遺産分割協議書は万が一後々紛議があった場合に有効な書類になるので形式は問いませんが、詳細な内容を記載しておくことをおすすめします。
その後は一般的に相続人のなかで代表者を決めて相続登記をおこない、実際に不動産売却をおこないます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した物件を不動産売却する際の契約についての注意点

不動産売却をおこなう際に不動産会社に売却活動を依頼するのが一般的です。
その際に注意点として知っておきたいのが媒介契約の種類。
媒介契約には「一般媒介契約」・「専任媒介契約」・「専属専任媒介契約」の3種類があります。
一般媒介契約よりも専任媒介契約、そして専属専任媒介契約の順で一部制限はあるものの、不動産会社から手厚いサポートが受けられます。
一般媒介契約は新築や立地が良い物件を売却する際におすすめの契約方法です。
専任媒介契約や専属専任媒介契約は、不動産会社から手厚いサポートを受けたい方、中古の不動産で売却を急いでいない方にピッタリです。
また併せて知っておきたい注意点が売却方法。
売却は個人間の取引ですが、売却以外にも買取という制度もあります。
売却は個人間の契約に不動産会社が仲介をするため仲介手数料がかかることが一般的です。
しかし買取は不動産会社が対象不動産をそのまま買い取るため、仲介手数料がかからないことも多いです。
買取は売却に比べて売買金額が低くなりがちという注意点もありますが、スピーディーに不動産を手放せるため、買取を検討される方も多くなっています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は相続した不動産を売却する際に知っておきたい注意点をご紹介しました。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ