空き家を売りたいときは現状のままで売れる?売却時にかかる費用も解説!

2022-05-31

空き家を売りたいときは現状のままで売れる?売却時にかかる費用も解説!

この記事のハイライト
●空き家を売却する際は、現状のまま売る方法と更地にしてから売る方法がある
●おすすめの方法は物件によって異なるので、空き家を売りたいときは不動産会社に相談しながら決めると良い
●空き家の売却で発生する費用の種類や金額を把握しておくと、支払いに備えられる

活用する予定のない空き家を所有していると費用や手間がかかるので、売却することがおすすめです。
では、空き家は現状のままと解体して更地にするのとでは、どちらが売りやすいのでしょうか。
今回は千葉県市川市や船橋市周辺で空き家を売りたいとお考えの方に向けて、2つの方法のそれぞれにあるメリットとデメリットについてご説明します。
空き家を売却する際にかかる費用や税金についても解説しますので、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家を現状のままで売却するメリットとデメリット

売りたい空き家を現状のままで売却するメリットとデメリット

相続で取得した不動産など、活用する予定がない空き家を所有している場合は、早めに売却することがおすすめです。
その理由は、空き家を所有しているとさまざまなリスクがあるからです。

空き家の定義と所有することで生じるリスク

1年以上人が住んでいない家は、空き家に該当します。
借り手を募集している賃貸物件や別荘などが含まれますが、空き家になることが多いケースは、相続したあとそのままになっている家でしょう。
「売りたいと思っているが、時間が取れない」「思い入れがあって決断できない」など、売却しない理由はさまざまあると考えられます。
ただし、不動産には毎年固定資産税がかかり、空き家を所有している限り支払いが続きます。
また、適切に管理しないと老朽化が急速に進み、売りたいときに売れない状態になるかもしれません。
さらに、倒壊して近くの家や通行人などに損害を与えると、所有者の管理責任を問われ、賠償請求されてしまう可能性があります。
以上のことを踏まえると、活用する予定がない空き家はなるべく早く売却したほうが安心だといえるでしょう。
空き家を売りたいと思ったときは、以下の3つから売却方法を選択します。

  • 中古住宅として売る
  • 古家付き土地として売る
  • 解体して更地にしてから売る

中古住宅や古家付き土地として売る方法は、空き家を残した状態で売却を進めます。
2つの違いは、空き家に値段を付けるかどうかです。
築年数が比較的浅かったり、状態が良かったりする空き家は、値段を付けて中古住宅として売れる可能性があるでしょう。
築年数が20年以上経っていたり、不具合が多かったりする場合は、値段を付けずに古家付き土地として売ったほうが買い手を見つけやすいでしょう。
また、場合によっては、空き家を解体して更地にしたほうが売れやすいことがあります。
どの方法を選んだら良いかは、空き家の資産価値や購入希望者の需要などによって変わるので、不動産会社に相談してみましょう。
不動産会社の査定を受けると、資産価値を知る目安となる査定額がわかります。
弊社では、査定のご依頼や売却のご相談を随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

空き家を現状のままで売却する際のメリットとデメリット

空き家を売却する方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。
空き家を現状のままで売る際のメリットは、以下の3つです。

  • 解体費用がかからない
  • 更地に比べて固定資産税の負担が少ない
  • リーズナブルな空き家を探している方の候補物件になる

大きなメリットは、解体費用がかからないことです。
また、建物がある土地には固定資産税の優遇措置があるので、売却が長引いたときにかかる費用が更地よりも少なく、焦らずに取り組めることもメリットでしょう。
そして、「リノベーションにお金をかけたいので、なるべく安い中古物件が欲しい」と考えている方の候補になることが期待できます。
一方で、現状のまま売却するときは以下のようなデメリットが生じます。

  • 売れるまで管理を続ける必要がある
  • 買い手が見つかるまでに時間がかかる可能性がある

先述したように、空き家は適切に管理しないと老朽化が急速に進みます。
老朽化による不具合が生じると、納得できる価格で売れなかったり、買い手が見つからなかったりするかもしれません。
また、「土地を買って家を建てたい」と考えている方の購入対象からは外れてしまうので、需要の動向によっては売れるまでに時間がかかることがあるでしょう。

この記事も読まれています|不動産売却時には注意が必要!負動産の相続放棄や処分について

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家を更地にしてから売却するメリットとデメリット

売りたい空き家を更地にしてから売却するメリットとデメリット

では、売りたい空き家を解体して更地にすると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
更地にしてから売る際のメリットは、以下の2つです。

  • 空き家を管理する必要がなくなる
  • 用途が広がるのでターゲットを増やせる

そしてデメリットは、以下の2つです。

  • 解体費用がかかる
  • 固定資産税の負担が増える

空き家を解体すると管理する必要がなくなるので、現状のまま売却する場合よりも手間を減らせます。
また、空き家を売る場合の主なターゲットは「住むための家を探している方」ですが、更地にすると「自宅を建てる」「自宅ではない建物を建てる」「駐車場にする」などのように用途が広がるので、ターゲットを増やせるでしょう。
ただし、費用の負担が増えることはデメリットです。
一般的に、空き家の解体には100万円以上の費用がかかるといわれています。
さらに、空き家を解体すると「建物がある土地に適用される固定資産税の優遇措置」の適用対象外となり、固定資産税の支払額が上がるので注意が必要です。
このように、現状のまま売る方法にも更地にしてから売る方法にもメリットとデメリットがあるので、空き家を売りたいときはどちらも把握しておきましょう。
どちらの方法が売却を円滑に進められるかは物件によって変わるため、空き家を売りたいときは不動産会社に相談することがおすすめです。

この記事も読まれています|不動産売却時には注意が必要!負動産の相続放棄や処分について

\お気軽にご相談ください!/

売りたい空き家を売却する際に発生する費用と税金

売りたい空き家を売却する際に発生する費用と税金

空き家を売りたいときは、売却にかかる費用や税金を把握して支払いに備えることも大切です。
なかには高額になる可能性がある費用や税金があるので、支払いに使う資金が足りなくならないように注意しましょう。

空き家を売却するときにかかる費用と税金

空き家を売却する際にかかる主な費用や税金は、以下の4種類です。

  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 家具などの処分費用
  • 解体費用

仲介手数料は、空き家の売却を仲介した不動産会社に支払う費用です。
空き家の売却を達成した場合に発生し、上限額が決められています。
売却価格が400万円を超える場合の上限額は、「売却価格×3%+6万円+消費税」の計算式で算出できます。
印紙税は売買契約書に課税される税金で、こちらも売却価格によって金額が決まります。
金額は段階的に定められており、数千円から数万円の間に収まる場合が多いでしょう。
また、売りたい空き家に残っている家具などは事前に処分する必要があり、場合によっては数万円から数十万円かかることがあります。
そして、空き家を解体して更地にしてから売りたい場合に注意するべきなのが、解体費用です。
先述したように、解体には100万円以上かかる可能性があるので、費用対効果を見極めてから決断しましょう。

空き家を売却したあとにかかる税金

不動産を売って利益が出た場合は、「譲渡所得税」が発生します。
譲渡所得は、「不動産の売却価格-(取得にかかった費用+売却にかかった費用)」で算出した売却益に、税率をかけて計算します。
税率は、不動産の所有期間が5年以下なら39.63%、5年以上なら20.315%です。
譲渡所得税は売却後に納付する税金なので、事前に税額を計算して支払いに備えましょう。

この記事も読まれています|不動産売却時には注意が必要!負動産の相続放棄や処分について

まとめ

空き家を売りたいときは、「現状のまま」と「更地にする」のどちらかを選ぶ必要があります。
ご自身では判断しかねる場合や、困ったときは不動産会社に相談してみましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、千葉県市川市や船橋市を中心としたエリアで不動産の売却をサポートしております。
空き家の売却はもちろん、不動産売却に関するお悩みなどがございましたら、弊社までお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ