仲介手数料とは?不動産売却をおこなう方が知っておきたい知識を解説

2022-05-31

仲介手数料とは?不動産売却をおこなう方が知っておきたい知識を解説

仲介手数料とはどういったものかご存じですか?
不動産売却をご検討中の方のなかには、仲介手数料の計算方法が曖昧で、どれくらい支払えば良いか分からないという方がいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、仲介手数料とはどのような費用なのか、また仲介手数料の相場や計算方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の仲介手数料とは

不動産売却時にはさまざまな費用がかかります。
仲介手数料とは、売主と買主で不動産売買契約を締結した際に、その契約を仲介した不動産会社に支払う成功報酬のことを指します。
仲介手数料を支払うタイミングは不動産会社によって異なりますが、一般的には不動産売買の契約締結時に半分、不動産の引き渡し時にもう半分を支払うことが多いです。
仲介手数料には基本的に不動産会社がおこなう営業活動費用や購入希望者への内見案内などが業務内容として含まれていることが一般的です。
しかし一般的な営業活動を超えるような活動を依頼した場合や、遠方の購入希望者と交渉をおこなった際の出張費などは仲介手数料とは別途で支払う必要があります。
また不動産売却の取引方法によっては仲介手数料がかからない場合もあります。

個人間取引

売主が不動産会社を挟まずに買主を見つけて、不動産売却をおこなった場合は仲介手数料はかかりません。

買取

不動産会社が不動産を買い取る場合は仲介手数料はかかりません。

仲介

仲介は不動産会社が売主と買主の間に入り契約をおこなうため、仲介手数料は原則必要となります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の仲介手数料の計算方法

続いては仲介手数料の相場や計算方法をご紹介します。
気になる仲介手数料の相場ですが、仲介手数料は不動産会社ごとに大きく異なるため、一概に仲介手数料がいくらということはお伝えできません。
ですが、仲介手数料の上限は法律で決められているので、その金額を超える金額で請求することはできません。
仲介手数料の上限額は以下の計算式で求めることができます。

  • 売却価格が200万円以下の部分:売却価格×5%+消費税
  • 売却価格が200万円~400万円以下の部分:売却価格×4%+消費税
  • 売却価格が400万円以上の部分:売却価格×3%+消費税

たとえば売却金額が1,000万円の場合は、仲介手数料は39万6,000円(10%の消費税込)となります。
不動産売却前に1度計算をおこない、どれくらいの費用がかかるのか確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は不動産売却時の仲介手数料とはどのようなものなのか、そしてその計算方法をご紹介しました。
あらかじめ仲介手数料の費用も含めて計算しておくことをおすすめします。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ