不動産売却の一連の流れとは?売主がやることや売却活動について解説

2022-05-17

不動産売却の一連の流れとは?売主がやることや売却活動について解説

不動産を売却するとなったら何をすれば良いのでしょうか。
また、売却が成立するまでにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。
ここでは、不動産売却時に売主がやることと不動産売却にかかる期間についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れで売主がやることとは?

不動産売却の流れとともに、売主がやることをステップごとにご紹介します。

不動産会社に不動産売却の相談

売却したい不動産についての書類を準備して、価格の査定をしてもらいます。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3つのうちのいずれかの媒介契約を結びます。
また、物件周辺状況等報告書や付帯設備表を記入して、不動産の状況について不動産会社と情報を共有しておきます。

販促活動開始

販売価格などを打ち合わせたあと不動産会社が販促活動をおこなうので、購入希望者が現れたら内見に立ち会い物件の説明をします。

買主と売買契約を結ぶ

売買契約書の草案を確認し、売買契約書への署名捺印、仲介手数料の半額を不動産会社へ支払います。

物件の引き渡しと決済

必要書類やカギの準備をして売却物件の代金を買主から受け取り、仲介手数料の残金を不動産会社へ支払えば売却が完了です。

不動産売却後の確定申告

不動産売却によって利益が出た場合は、確定申告が必要となります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れのなかでも重要な売却活動とは?

不動産売却の売却活動は、不動産会社が広告などを使って販促活動を開始し、物件の購入を検討してくれそうな方を探すことから始まります。
購入検討者が見つかれば、内見に備えて売却物件の印象が良くなるように掃除などをおこない、内見当日は案内や説明をします。
なかなか購入希望者が現れない場合は、不動産会社と相談して売却物件の値下げを検討しましょう。
購入希望者が現れたら、売買価格や引き渡しの時期を交渉します。
不動産を売却するときに住みながら売却ができることをご存じでしょうか。
多くの方が住みながら売りに出し、引き渡しまでに引っ越しを終えるという形をとっています。
内見のたびに掃除や片付けなどが必要となり大変ですが、売却が決まってから引っ越すので経済的な負担が軽くなります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の一連の流れにかかる期間はどれくらい?

不動産売却を決めてから引き渡しまでの期間の目安は、3か月から6か月とされています。
ただしすぐに売れるとは限らず、売却が長引いてしまうこともあります。
売却期間が長引く理由にはどのようなことがあるのでしょうか。
転勤や進学、就職などの人が動く時期は不動産が売れやすい時期でもあります。
売却開始がこの時期からずれていると、売却が長引いてしまうでしょう。
また、エリアに対する需要が少ない場合も、売れにくくなります。
さらに、物件価格が相場とかけ離れている場合にも売却期間は長引きます。
売却活動を始めてから3か月を過ぎても売れる気配がないようであれば、時期や売却価格などを見直したほうが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却に要する期間は、およそ3か月から6か月とされています。
売却活動を始めてから3か月が過ぎても購入希望者が現れないようであれば、売却価格の見直しなどについて不動産会社と相談することをおすすめします。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ