不動産の任意売却とは?競売との違いやメリット・デメリットについても解説

2022-05-10

不動産の任意売却とは?競売との違いやメリット・デメリットについても解説

今回は任意売却について競売との違いや、どのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説していきます。
市川・船橋エリアで不動産売却をお考えの方、ぜひご参考ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の任意売却とは?競売との違いについても

そもそも任意売却とはどのようなものなのでしょうか?

任意売却とは

住宅ローンの返済が滞ると、最終的に競売にかけられ強制的に不動産が売却されてしまいます。
そうなってしまう前に、債権者の合意のもとで、少しでも良い条件で売却しようというのが任意売却です。
不動産売却時には、ローンの残債を支払う必要があります。
売却した利益が残債を上回る場合にはその利益で残債を支払えるため問題はありません。
しかし、利益が残債を下回った場合には、不足分を自己資金などから補填しない限り一般的な仲介での売却はできないのです。
そこで、任意売却では特別に許可をもらい残債があるままの売却を認めてもらいます。
金融機関としても、残債を支払えずに自己破産されてしまうよりは、任意売却を認めて少しでも多く返済に充ててもらう方がメリットがあります。

競売とはどう違うのか?

では競売とはどのような点が異なってくるのでしょうか?
まず第一に、任意売却では一般的な仲介の売却と同じように売りに出されるため、売却価格も一般的な相場とほぼ同じくらいの価格になります。
それに比べて競売では、任意売却と比べて低価格で売却される傾向にあります。
また、競売の場合には裁判所主導で、強制的に手続きが進められていきます。
任意売却の場合には、債権者と引っ越し日や返済方法などの協議をすることが可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を任意売却で売却するメリット・デメリットについて

任意売却をするメリット・デメリットについてみていきます。

メリット

売却価格
上述したとおり、任意売却は一般の仲介での売却と同じように売りに出されます。
競売では市場の約7割程度で売却されるのに比べて、任意売却では市場価格により近い価格での売却が可能になります。
分割返済が可能
任意売却後に残債が残った場合には、その後も返済を続けていく必要があります。
その際債権者と協議を行い、現在の収入や生活状況を考慮した上での分割返済が可能です。
早く終わる
競売が早くても6~7ヶ月かかるのに対して、任意売却は3~6ヶ月と競売よりも早く終わる傾向にあります。

デメリット

信用情報に傷が付く
任意売却をするには、ローンを数ヶ月に渡り滞納していることが条件になります。
ローンの滞納は信用情報を傷つけ、数年に渡って大きなローンを組むことができなくなってしまいます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

任意売却は競売と比べても、さまざまな点でメリットがあります。
一方で、任意売却を利用するということはローンを滞納しているということになり、結果として信用情報を傷つけてしまいます。
滞納してしまう前になるべく早い段階で金融機関に返済に関して相談することをおすすめします。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ