不動産売却のためのリフォームは不要!?メリット・デメリットや費用について

2022-05-10

不動産売却のためのリフォームは不要!?メリット・デメリットや費用について

不動産売却にあたってリフォームするかどうかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、売却前のリフォームの必要性についてメリット・デメリットやリフォーム費用とともに解説していきます。
市川・船橋エリアで不動産売却をお考えの方、ぜひご参考ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームの必要性について

不動産売却前のリフォームは基本的に不要です。
その理由は主に2つあります。
費用が回収できない
まずひとつに、売却のためにリフォームを行なってもその費用を回収することは難しい点にあります。
リフォームをしていない近隣の競合物件と同じくらいの価格で売り出した場合にはリフォームが有利に働くこともありますが、少しでも高い場合には売れにくくなってしまいます。
リフォームにかかった費用と相場よりも高く売却できないと、結局損をしてしまうのです。
買い手を逃してしまう
中古物件の購入を考えている人の中には、購入後に自分でリフォームを検討している人もいます。
そういった場合には、綺麗さよりもどれくらい安く購入できるかの方が重要です。
買い手のニーズに合わないリフォームをしてしまうと、検討対象から外されてしまうでしょう。

リフォームが効果的な場合とは?

売却前のリフォームは基本的に必要ありませんが、低予算で物件の印象をアップさせられるようなリフォームは効果的でしょう。
低予算で印象をアップできるリフォームには以下のようなものが挙げられます。

  • フローリング
  • 壁紙
  • 電気のスイッチプレート

特にフローリングや壁紙の汚れや傷が気になる際には、リフォームを行うことで印象がだいぶ変わるのでおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームを行うメリット・デメリットについて!費用はどれくらいかかる?

売却前にリフォームをするメリットとして挙げられるのは、以下のような買主への訴求効果が期待できる点です。

  • 購入後にすぐその物件で暮らしたい人
  • リフォームをする資金的な余裕がない人

また、リフォームを行い第一印象がよくなることで素早い売却につながる可能性もあります。
デメリットとしては上述したように、

  • 費用が回収できない
  • 買い手を逃してしまう

といったことが挙げられます。

リフォームにはどれくらい費用がかかる?

リフォーム費用は素材や設備などにより異なってきますが、ここでは一般的な相場についてご紹介します。
水回り

  • キッチン:50~150万円
  • トイレ:10~50万円
  • 洗面所:20~50万円
  • 浴室:50~100万円

床・壁

  • 床(6帖あたり):6~18万円
  • 壁紙(6帖あたり):5~8万円

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却の際にはリフォームを行わなくても成約は十分に可能です。
リフォームを行う際には、どれくらいの費用を使うのかよく検討しましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ