不動産売却のとき知っておきたい残置物についてご紹介!

2022-04-26

不動産売却のとき知っておきたい残置物についてご紹介!

相続した不動産を売却しようと思っても、ものが残ったままになっているとどのようにしたら良いのか迷いますよね。
残ったままになっているものは残置物と呼ばれますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
そこで市川・船橋エリアで不動産売却をご検討中の方に向けて、残置物とはどのようなものかと、残置物がある状態で売る方法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における残置物とは

残置物とは、前に住んでいた方が残していった私物を指します。
具体的には以下のようなものがあります。

  • 家具:タンス・机・ソファーなど
  • 家電製品:冷蔵庫・テレビ・洗濯機など
  • 日用品:布団・食器など
  • 付帯設備:エアコン・照明器具

そのほかゴルフ用品や衣類など、一般住宅の残置物には生活用品が多いようです。
残置物は、不動産売買においては売主が処分をおこなうのが一般的です。
残置物の処分を怠ると、買主からクレームが来る原因となってしまいます。
なかでもエアコンは取り外す場合と残す場合それぞれあるため、注意が必要です。
エアコンをどうするのか買主の方と話し合いをおこない、残す場合は動作を確認のうえ付帯設備表に記入しましょう。
起こりがちなトラブルとして、エアコンを残すはずだったのに売主が持って行ってしまったなどがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で残置物があっても不動産を売る方法

相続などによって残置物が残ったままの不動産を売却したいとき、売る方法をご紹介します。

不用品を処分してから売る

処分するには以下のような方法があります。

  • 処分センターに持っていく
  • リサイクルショップやフリマアプリで売却
  • 残置物撤去業者に依頼

自分で処分センターに持っていったり、リサイクルショップなどで売却したりする方法はひとつずつ処理する必要があるので手間と時間がかかります。
しかし費用がかからない点と、価値があるものがお金に替わる点がメリットです。
大量の不要品がある場合や時間と手間をかけたくない方には、残置物撤去業者に依頼する方法があります。
費用はかかりますが、大型の家具や家電の処分もすべて業者に任せることができるので安心です。
これらの方法で残置物を処分しておくと、スムーズに売却できます。

不動産会社による買取

買取とは、不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。
不動産会社による買取では、残置物がある状態でも可能な場合があります。
買取を利用すると、処分にかかる手間や時間が省けるので、負担が少なく済みます。
ただ、できるだけ高い価格での買取をご希望の場合、処分できるものはなるべく自分で処分しておきましょう。
なぜなら、買取価格には処分費用が反映されていることがあるためです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却において、残置物とはどのようなものかをご紹介しました。
残置物がある状態で不動産の売却をおこなうときは、処分してから売る方法と買取を利用する方法があるので、処分する負担も考えてどの方法を選択するのか検討しましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ