不動産売却における手段のひとつリースバックとは?メリットもご紹介

2022-04-26

不動産売却における手段のひとつリースバックとは?メリットもご紹介

やむをえない状況で、不動産売却をしなければならないときがあります。
しかし、今まで住んでいたお気に入りの家から離れたくないとお考えの方も多いでしょう。
そのようなときには、リースバックという方法があります。
そこで、市川・船橋エリアで不動産売却をご検討中の方に向けて、リースバックとはどのようなものかと、メリットをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における手段のひとつリースバックとは

リースバックとは、不動産を売却したあと買主に家賃を支払ってそのまま同じ家に住むことです。
売却後もそのまま住み続けられますが、所有者は自分から買主に変わり、さらに賃貸物件に住む形になるため家賃の支払いが発生します。
リースバックによって売却したお金は一括で受け取れるので、ローンの返済に問題はないけれどまとまった資金が必要となった場合にも利用が可能です。
たとえば、老後の資金や教育資金、病気の治療費などが挙げられます。
また、買戻特約を付けることも可能です。
買戻特約とは一定の条件下において売却した不動産を買い戻せる権利です。
買戻特約を付けると、買主は別の第三者に転売できなくなり、定めた期間内であれば優先的に買戻しをおこなえます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の手段であるリースバックのメリットとは

リースバックにはメリットとデメリットの両面があります。
まず、メリットをご紹介します。

  • 代金は一括で受け取れる
  • 売却後もそのまま住み続けられる
  • 固定資産税など維持費が不要
  • 引っ越し費用が不要
  • 将来的に再度購入も可能

そのまま住み続けられるので、引っ越しに関わる費用や手間、お子さまの転校も必要ありません。
そのため、一般的な売却よりも負担が少ないといえます。
またデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 名義が換わる
  • 家賃が発生する
  • 売却価格が相場より安くなる可能性がある

売却後は賃貸借契約を結んで住み続けるので、毎月家賃を支払うことになります。
さらに家賃は相場よりも高くなる可能性があるので、注意する必要があります。
メリットとデメリットを考えると、そのまま住み続けたい方にとってリースバックは魅力ですね。
ただしリースバックは、売却金額がローンの残債を下回るオーバーローンの状態では利用できないので気を付けましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却にはリースバックという方法があります。
売却後もそのまま同じ家に住み続けられるリースバックには、引っ越しが不要なことや維持費が不要などメリットがあります。
お住まいの家から離れることなくまとまった資金を手にできるので、売却をご検討中の方は選択肢の1つにくわえてみてはいかがでしょうか。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ