離婚すると不動産はどうすれば良い?不動産売却の注意点について解説!

2022-04-19

離婚すると不動産はどうすれば良い?不動産売却の注意点について解説!

「離婚をしたいけど、不動産をどうすれば良いかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
離婚はただでさえトラブルが多いので、不動産売却についてはトラブルなく進めたいですよね。
この記事では、離婚時の不動産売却の注意点と売買契約をするうえでの注意点を解説しています。
ぜひご覧いただき、不動産売却の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

離婚時における不動産売却の注意点とは?

離婚をきっかけに不動産売却を考える方も多いと思います。
離婚をすると財産分与が発生し、不動産も財産分与の対象です。
不動産を財産分与する場合、不動産を売却し現金化する方法と相手の持分を買い取る方法があります。
相手の持分を買い取る方法には、非常に多くの資金が必要になるので、売却して現金化するほうが一般的です。
売却には、離婚前と離婚後の2つのタイミングがあります。

離婚前に不動産を売却

離婚前に不動産を売却しておけば、離婚前に金銭面での揉め事をキレイにすることができるので、離婚後のトラブルを回避できます。
一方で売却が成立するまで離婚ができなくなるので「離婚をするまでの期間が長くなっても良い」という時間や気持ちに余裕のある方に適しています。

離婚後に不動産を売却

離婚後に不動産を売却する場合、早期に離婚することができますが、離婚後の財産分与についてトラブルになることも多いです。
一刻も早く離婚したい方なら別ですが、できることならきちんと不動産を売却し、金銭面をキレイにしてから離婚した方が後々トラブルに発展することが少ないでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における契約の種類と注意点とは?

不動産売却するにあたり、まず仲介してもらう不動産会社と契約します。
売却には仲介と買取がありますが、買主が個人か不動産会社かの違いです。
買取の場合、買主を探す必要がなく、不動産会社に直接不動産を買い取ってもらうのでスムーズに取引ができますが、仲介と比較し売却価格が低くなることもあります。
仲介の場合、不動産会社と媒介契約を結びますが、媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3種類あるので注意が必要です。
専属専任媒介は1社だけに仲介を依頼する契約で、販売活動の報告が1週間に一度必要であったり、レインズへの登録も媒介契約から5日以内におこなうなどの義務が不動産会社に課せられています。
レインズとは、不動産流通機構が運営しているネットワークシステムのことで、レインズに登録することで物件が幅広く認知されます。
専任媒介との大きな違いは、専任媒介が自力で買主を見つけても良いのに対し、専属専任媒介は不可です。
一般媒介は複数に仲介を依頼する契約で、レインズへの登録も義務化されておらず、販売活動の報告も不要とされています。
より早く売却をしたい方は、専属専任媒介をオススメします。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は、離婚時における不動産売却の注意点について解説しました。
不動産売却の流れや契約時の注意点について理解し、トラブルのない不動産売却をしましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ