不動産は住みながら売却できる?売却する方法やメリットを解説!

2022-04-19

不動産は住みながら売却できる?売却する方法やメリットを解説!

不動産を売却するうえで悩むことが「住みながら売却できるの?」という点ではないでしょうか。
「不動産を売却したいけど引っ越すと家賃がもったいないし、売却が決まるまでは住んでおきたい」と考える方も多いと思います。
この記事では、不動産に住みながら売却する方法とそのメリットについて解説しています。
ぜひご覧いただき、不動産売却の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産を売却する方法とは?

結論から言うと不動産に住みながら売却することは可能です。
多くの中古住宅が住みながら売却されています。
住みながら不動産を売却する方法として2種類あり、実際に内覧をして売却する方法と、見るのは外観だけで内部については写真のみにする方法です。
内覧をおこなうと買主が実際の生活をイメージできるので売却しやすい傾向にあります。
一方で内部は写真のみの場合、買主も購入に踏み切るのに勇気がいるため、できることなら内覧をオススメします。
また内覧時は生活感を排除し、家の印象を良くしておくと売却につながりやすいです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却するメリットとは?

「住みながら不動産売却をすると生活感がでて、売れにくいのでは?」と思われる方も多いと思います。
確かに退去後に売却する場合と比較すると、掃除ができず生活感が出てしまいますが、メリットもあります。

コストが掛からない

冒頭でもお伝えしましたが、住みながら不動産を売却すると余計なコストが掛かりません。
退去してから不動産を売却するとなると、家のローンと引っ越し先賃料のダブルでコストがかかってしまい、家計を圧迫してしまいます。
また「早く売りたい」という焦りから、応じる必要のない値引き交渉に応じてしまうという恐れもあります。
住みながら不動産売却をすると焦って売る必要もなく、余裕をもった不動産売却がおこなえるでしょう。

買主が生活をイメージできる

実際に生活をしている様子を内覧するので、買主としては生活をイメージできて購入に踏み切りやすいです。
空き家を内覧してもなかなか生活をイメージできませんが、家電の位置や家族構成に対する広さなどを見ることができるので、買主としては安心して購入できます。
ただし、あまりにも生活感を出しすぎるのはやめておきましょう。
整理整頓や掃除をして、清潔感を出すことが売却しやすくなるポイントです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は住みながら不動産を売却する方法とメリットについて解説しました。
住みながらの不動産売却は売れにくいと思うかもしれませんが、実際はそんなことはなくメリットもたくさんあります。
メリット、デメリットを理解し、自分にあった売却方法を選びましょう。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ