遠方の不動産は売却できる?不動産売却の方法や流れをご紹介

2022-04-12

遠方の不動産は売却できる?不動産売却の方法や流れをご紹介

急な相続などで遠方の不動産を取得するケースは少なくありません。
そんな遠方の不動産をどうやって売却すれば良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。
仕事などで売主本人が契約に立ち会えない場合、どうすれば良いのでしょうか。
今回は遠方の不動産を売却する3つの方法と売却の流れをご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産を売却する3つの方法

遠方の不動産を売却する方法には以下の3つがあります。

  • 持ち回り契約を利用する
  • 代理人を立てる
  • 司法書士に依頼をする

それぞれを詳しくご紹介します。

持ち回り契約を利用する

持ち回り契約とは、不動産会社が売買契約書を持って訪問もしくは郵送で、売主と買主に署名・捺印をもらい、不動産売買契約を締結する方法です。
この場合、遠方でも簡単に不動産売却をおこなえるというメリットがある一方、売主と買主の認識のずれが生じ、トラブルになる可能性があるというデメリットがあります。

代理人を立てる

続いてご紹介するのは代理人を立てて契約をおこなう方法です。
配偶者や家族に代理人となってもらい、契約に立ち会います。
この場合、代理人を選任するための委任状やその他書類を完璧に仕上げて持参しないと、当日契約が締結できない危険性もあります。
また代理人を立てる場合、売主の本人確認を司法書士に依頼しなければならず、依頼する費用がかかります。

司法書士に依頼する

ご家族で代理人が立てられない場合、司法書士に代理で不動産売却の契約をおこなってもらう方法があります。
司法書士はプロですので、スムーズに不動産売却がおこなえるという点や、相続の場合そのまま遺産分割に移行できるというメリットがあります。
しかし司法書士に依頼すると費用がかさんでしまうというデメリットがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

遠方の不動産売却の流れ

ここからは遠方の不動産を売却する流れをご紹介します。
実際に売却活動をおこなう前にまず不動産会社に査定を依頼します。
そこで不動産の適正価格を知り、次は不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約を締結すると不動産会社が購入希望者を募り、内見などの営業活動をおこないます。
そこで買主が現れると、先ほどご紹介した方法のいずれかで売買契約を結び、不動産の引き渡しという流れになります。
このなかで、売主が現地に訪れたほうが良いとされるタイミングが3回あります。
査定の立ち会い・売買契約の締結・不動産の引き渡しの3回です。
なるべく立ち会うことが望ましいですが、どうしても現地に行けないという方は最低でも1回は訪れるようにスケジュール調整をおこないましょう。
弊社では遠方の不動産でも対応しております。
査定もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は遠方の不動産を売却する方法や流れをご紹介しました。
私たち「丸和サンハウス株式会社」は、市川・船橋エリアを中心に不動産売却のサポートをおこなっております。
不動産の売却についてお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-332-5000

営業時間
10:00~17:00
定休日
日曜日

売却査定

お問い合わせ